So-net無料ブログ作成
車中泊スポット ブログトップ

お勧めな車中泊スポット利用方法 [車中泊スポット]

我が家でお勧めなのは、道の駅ではなく、高速道路のパーキングエリアです。

しかも、あまり田舎ではなく、あまり街中でもない、
そこそこ車の出入りはあるが、頻繁ではないところ、

です。

なぜ、道の駅ではないかというと、
道の駅のトイレは、電気のない場所もあるから。

パーキングエリアは、必ず電気が点いています。

点いていないパーキングエリアは、見たことがありません。



もう一つの理由は、車中泊の旅行は、遠くへ行きがちだから。

遠くまで旅行するには、高速道路で一気に走った方が効率が良い
 ↓
高速料金が高い
 ↓
パーキングエリアに泊まると、深夜割引適用になって安くなる


といった感じで、安い料金で高速道路を利用できる上、
一気に遠くまで行けるからです。

ただし、ETCが条件ですが...。


日中は、観光など寄りたい場所へちょこちょこ寄り、
夕方になったら食料を調達し、
食べたらすぐ、子ども達がいつ寝てもいいように準備をし、
それから高速へGo!

走っている方が、子どもも寝てくれるし、
寝てくれれば、子どもを気にしないで運転できるので、
楽ちんなのです。

そして、適当な場所までひた走ったら、お泊まりです。















nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

車中泊スポット [車中泊スポット]

車中泊できる場所は、どうしても限られてきます。

特に子どもがいる場合は、
・トイレのある場所(子どもは突然「おしっこ~」と言い出す)
・真っ暗ではなく、ある程度明るいところ(子どもが怖がる)

という場所を考えなければなりません。


そこで、我が家がよく利用するのは、
道の駅
・高速道路のサービスエリアパーキングエリア

です。



道の駅車中泊で、気をつけなければならないのは、
中には、車中泊が禁止されている場所があると言うことです。

又、禁止にはなっていないが、時間で出入り口が施錠される場所もあります。


道の駅」の場所だけで調べていては、実際に到着した時に、

えっ?泊まり禁止?!別の場所を探さなきゃ!
となったり、

施錠されていて入れない!!
朝早く出かけるはずが、施錠されていて出られない!!
となってしまいます。


道の駅を探す時には、是非そういった情報も調べておくことをお勧めします。



高速道路の、サービスエリアパーキングエリアで気をつけたいことは、

・車の往来状況と周りの環境
は、是非調べて下さい。

以前、行き当たりばったりの無計画で、都内~千葉県の辺りでサービスエリアを探し、
泊まったのはいいけれど、高架になっている高速道路の下にあるサービスエリアだったため、
頭の上で常に車の走る音がして、眠れなかったことがあります。

又、あまり混んでいるサービスエリアも、夜中中車の出入りが激しく、
あまりよく眠れません。


車中泊の旅行で一番困るのは、「運転手が夜安眠できない」ということです。

我が家は夫婦交代で運転するので、眠くなったら運転を交代しますが、
運転手が1人、と言う場合は、運転手が眠りやすい場所かどうかを、
よく考える必要があると思います。















nice!(0)  トラックバック(0) 
車中泊スポット ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。