So-net無料ブログ作成
検索選択
車中泊の注意 ブログトップ

車中泊で気をつけたいこと [車中泊の注意]

これから車中泊をやってみたいと考えている方の中には、
「車内の寝る環境」だけを考えている方も、実は少なくないのでは?

実はそれ以外にも、考えなければならないことがあります。



まず、時期です。

真夏と真冬は、避けた方が賢明です。

暑すぎたり、寒すぎたりして、眠れない、ということがあります。



周りに、同じような車中泊の車がいなければ、エンジンをかけっぱなしで
眠るのもいいでしょう。


でも一晩中かけっぱなしでは、ガソリン代がかかってしまいますし、
環境にも良くありません。

そして、そこが混み合っている場所だったら?

もし隣の車が、夜中にエンジンをかけていたら、うるさくて迷惑に思いませんか?


寝具で、暑さ寒さを調整できる時期が、一番快適ではないかと思います。




そして、何より気をつけて欲しいこと。

それは、冬の車中泊です。

上記のように、「寒いから」ではない理由があるのです。



一番大事なことは、「雪」です。

死に至ることさえ考えられます。

凍死ではありません。

わかりますか?



「一酸化炭素中毒」です。

雪の降る地域はもちろんですが、普段はあまり降らない地方でも、
今年の冬のように、大雪になることもありますよね。


雪が積もってきて、マフラーが雪に埋まってしまうのです。

それに気づかないで寝ていると、寝ている間にそのまま
「さようなら.....」って事になってしまいます。



積雪地帯に住むほとんどの人は、それをわかっています。

猛吹雪で走れなくなったり、吹きだまりにはまって車が動けなくなったりで、
車の中で救助を待つこと、実は意外と多いからです。


雪の中で動けなくなった時には、排気ガスが車内に入らないよう、
マフラーが埋まってしまわないよう、気をつけなくてはなりません。


それに気づかず、救助を待つ間に亡くなってしまうという事故が、
毎年必ずあるのです。


あまり雪に接することのない地域の方はどうでしょう?

そういうことを意識したことはありますか?



車中泊の場合も、同じ注意が必要です。

冬、特に積雪地域での車中泊は、絶対に避けて下さい。















nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
車中泊の注意 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。