So-net無料ブログ作成
検索選択
車中泊仕様カスタマイズ ブログトップ

ハイエース200系カスタマイズ車中泊仕様③ [車中泊仕様カスタマイズ]

寝る場所の確保ができたら、次は走行時の快適空間作りです。


20080726-19.jpg
後部座席は、200系より100系の方が使い勝手が良いので、
100系シートを移植しました。
リアシートの前が、台のようなテーブル状になっているのが見えるでしょうか。


20080726-20.jpg
これですね。
右側に、インバーターとCDチェンジャーを埋め込み、
左側には、ドリンクホルダーを作りました。

バーを付けたままにしているのは、子ども達が前へ来ないような
防止策です。


20080726-17.jpg
フロントシート周りも、防音対策をし、マットで覆いました。


20080726-18.jpg
シートは、リア、フロント、共に、市販のカバーを付けています。
ちなみに、ステアリングは、スポッとかぶせるだけのカバーではなく、
自分で本革カバーを縫い止めました。
男手で針と糸を使うのは至難の業でしたが、何とか上手くできました。


20080707-00.jpg
あまり関係ありませんが、アルミはキーラーフィールドです。
オリジナルカラーで、渋い仕上がりです。


20080726-25.jpg
タイヤを組み込むと、こんな感じ。
車との相性も良く、気に入ってます。















nice!(0)  トラックバック(0) 

ハイエース200系カスタマイズ車中泊仕様② [車中泊仕様カスタマイズ]

ハイエース車中泊仕様カスタマイズ
車本体部ができたら、次はパーツ作成です。


20080726-21.jpg
両サイドに、板で囲いを作り、マットを貼り付けました。
塩ビマットと言うんでしょうか?
家庭の洗面・脱衣所などの床材として使われていることの多いアレです。

右サイド後方の白っぽい丸い部分は、後部ヒーターの吹き出し口です。
両サイド後方のシルバーの部分は、スピーカーを埋め込んであります。

左サイドの前方、少し開いているのがわかるでしょうか。
台の中が空っぽじゃスペースがもったいない!
ちょっとした車用品(工具類や予備ウインドウォッシャー液、雑巾など)はここへ入れます。


20080726-22.jpg
両サイドの台にちょうどのサイズになるよう、コンパネを乗せました。
もちろん、両サイドと同じマットを貼っています。

本当の真っ平ら状態になり、広さも、キングサイズベッドかのように
かなり広いです。
家族4人、縦に並んで、余裕で寝られます。


20080726-23.jpg
下には、荷物がたっぷり入ります。
ミカン箱よりも大きな段ボールが入るほど、高さがあります。

微妙に見えると思いますが、3分割になっています。
真ん中1枚だけを残せば、テーブル代わりになります。
前側と後ろ側に座って、対面でお食事ができます。

使用しない時は、外してそのまま下へ置けば良いだけです。

このように、2段になりましたが、ハイルーフなので、
台の上でも、腰を曲げることもなく、普通に立てます。
着替えの時も、楽勝です。


20080726-24.jpg
後部の室内灯も、明るいLEDを取り付けました。
非常に明るいです。
部屋の中とほとんど変わりません。
これで、夜、車内でのお食事も困りません。















nice!(0)  トラックバック(0) 

ハイエース200系カスタマイズ車中泊仕様① [車中泊仕様カスタマイズ]

普段乗りの車での車中泊

グッズはそろえても、荷物の置き場所など、意外と不便なこともあります。

少しカスタマイズするだけで、快適空間になります。

ここでは、ハイエース200系車中泊仕様カスタマイズをご紹介します。



SN3D0022.jpg
元々の内装は、バンなので鉄板むきだしの状態


20080705-06.jpg
断熱材、防音シート、などを施工


20080705-08.jpg
内張もしっかりと


20080705-05.jpg
後部、施工後


これで、バン特有の、エンジン音・走行音、暑さ寒さ対策が完成しました。















nice!(0)  トラックバック(0) 
車中泊仕様カスタマイズ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。